韓国ドラマ-偉大なる糟糠の妻-あらすじ-最終回まで感想あり-112話〜114話

偉大なる糟糠の妻.png

浮気夫を懲らしめる!!
セクシー同級生主婦3人の夫への復讐劇!

「カッコウの巣」の脚本家ファン・スンヨンと
「みんなキムチ」のプロデューサーのキム・フンドンのタッグドラマです♪

「偉大なる糟糠の妻」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しますよ〜!




スポンサーリンク


アニョハセヨ!!

韓国ドラマ大好きモンちゃんです★

今回は、「偉大なる糟糠(そうこう)の妻」(112話〜114話)のあらすじと、モンちゃんの感想を紹介していきます!
それでは、あらすじを一緒に見ていきましょう。

偉大なる糟糠の妻の相関図・キャスト情報はこちら

スポンサーリンク



■偉大なる糟糠の妻-あらすじ112話
イルヒョンは、最後にジヨンとハナに会いに行く。
ジヨンに、ハナと二人で遊びに来てくれと言うイルヒョン。

しかし、ジヨンはもう会うことはないとハッキリ言う。
二人は握手をして、お別れをする。

その様子を、スジョンが見ていて腹を立てる。
帰っていくジヨンに、車が迫ってきて、イルヒョンが助けて轢かれてしまう。
イルヒョンに近づいたスジョンも轢かれてしまい、二人は病院に運ばれる。

一方、ソンホはマンソクを父親と認めないままだった。
そんなソンホを、マンソクは祖父母のお墓に連れて行き・・・。


■偉大なる糟糠の妻-あらすじ113話
スジョンは、イルヒョンがいる病室に無理やり入る。
そして、スジョンは全てジヨンのせいだと騒ぎ出して・・・。

ヒョンミンは、今回の交通事故もスジョンの仕業と思っていた。
ギョンスンは、イルヒョンが事故に遭ったことをコンジュに話し、ハナに絶対に話さないよう口止めする。
代わりにコンジュを病院に行かせて、ジヨンの着替えなどを渡してもらった。

一方、病院に行ったギチョルは、コンジュと会ってしまう。
ギチョルは娘にも胃がんのことを秘密にする。

ギョンスンは、ずっと体調が悪いギチョルを心配していた。
しかし、ギチョルは手術を拒んでいて・・・。


■偉大なる糟糠の妻-あらすじ114話
コンジュは、ギチョルが胃がんだと言う事実を知り、ショックを受ける。
ギョンスンには内緒にしたままだった。

ハナは、イルヒョンが白い服を着て夢に出てきたと話す。
その話を聞いたジヨンは、心が痛くて泣きそうになる。

一方、スジョンがイルヒョンの病室を訪れる。
すると、イルヒョンは容態が急変して、スジョンは混乱する。

スジョンは周りからひき逃げ犯だと疑われていた。
しかし、スジョンは警察の事情聴取で「ジヨンがイルヒョンを突き飛ばして轢かれた」と話し・・・。


◎偉大なる糟糠の妻112話〜114話の感想◎
新しい生活をすると決めたイルヒョンが轢かれるとは・・・
悲しくなっちゃった(>_<)

一体犯人は誰なんだろう?
スジョンが悪いやつにお願いしたか、意外なところが犯人な気がするなぁ。。

はやく意識が戻ればいいな(>_<)!!


◎偉大なる糟糠の妻-次回のあらすじ◎
イルヒョンのひき逃げ事件を調査していた警察。
警察は、ジヨンが犯人ではないかと疑い始めて・・・。

偉大なる糟糠の妻のあらすじ(115話〜117話)はこちら

スポンサーリンク


【偉大なる糟糠の妻-全話一覧】
偉大なる糟糠の妻-あらすじ全話一覧はこちら



【おすすめ!BS放送中・予定韓国ドラマ】
・WOWOW 10/30〜
私の男の秘密-あらすじ全話一覧はこちら

・Dlife 11/22〜
家族なのにどうして?-あらすじ全話一覧はこちら

・BS日テレ 11/23〜
花を咲かせろ!ダルスン-あらすじ全話一覧はこちら

【韓国ドラマおすすめランキング】
韓国ドラマおすすめランキング2016はこちら

韓国ドラマ視聴率ランキング2016はこちら

【韓国ドラマ-俳優女優データベース】
人気の俳優女優の詳細プロフィールはこちら

【今が熱い!HOTな韓国ドラマ】
その女の海-あらすじ全話一覧はこちら

恋する泥棒〜あなたのハート、盗みます〜-あらすじ全話一覧はこちら

明日もスンリ-あらすじ全話一覧はこちら

オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ全話一覧はこちら

偉大なる糟糠の妻-あらすじ全話一覧はこちら

あの空に太陽が-あらすじ全話一覧はこちら

青い鳥の家(青い鳥の輪舞)-あらすじ全話一覧はこちら

アイムソーリーカン・ナムグ(江南区)〜逆転人生〜-あらすじ全話一覧はこちら

posted by 韓国ドラマ資料室 at 17:39 | 偉大なる糟糠の妻-あらすじ-全話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。