韓国ドラマ-波よ、波よ-あらすじ-最終回まで感想あり-142話〜143話(最終回)

波よ.png
元RAINBOWのユネが出演!強く結ばれた家族の絆ストーリー。

戦争で全てを失ってしまった家族。
あらゆる困難にも負けず、強く生きて家族の絆を取り戻す感動のファミリードラマ!

「波よ、波よ」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しますよ〜!




スポンサーリンク


アニョハセヨ!!

韓国ドラマ大好きモンちゃんです★

今回は、「波よ、波よ」(142話〜143話(最終回))のあらすじと、モンちゃんの感想を紹介していきます!
それでは、あらすじを一緒に見ていきましょう。

波よ、波よの相関図・キャスト情報はこちら

スポンサーリンク


■波よ、波よ-あらすじ142話
チャンシクが逮捕され、ジョンフンはサンピルの所へ行く。
自分の罪を認めるようサンピルを圧迫する。

一方、ドンチョルとチャンシクがジョンテに着せた汚名が晴れる。
ジョンテは、喜びをチュンジャに伝えに行く。

そんな中、ギョンホは、ボクシルとの中を両親に許してもらうよう説得する。
ボクシルももう逃げないと固く心に決めるのだった。


■波よ、波よ-あらすじ143話(最終回)
チャンシクの会社が傾き始め、ミジンのブティックまで差し押さえられる。
戸惑うミジンはジョンフンを訪ね泣きつくのだった。

その様子を見たジュンテは、ミジンの態度途に呆れる。
一方、ボクシルとギョンホは、ギョンホの両親に正式に挨拶に行く。

ジョンテは、キャバレーの社長を任されることに。
ジョンフンは、サンピルの事務所を訪れ、少しでも役に立てばと通帳を手渡す。

その後、ミジンに会いに行くジョンフン。
ミジンが捨てた指輪を差し出し、最後の選択をミジンに委ねる。


◎波よ、波よ-142話〜143話(最終回)の感想◎
長い朝ドラマでしたが、ようやくハッピーエンドで終わったよ。
最後がボクシルではなくジョンテの結婚式でよかった。

やっぱり最後までボクシルが好きになれなかったけど(笑)
ボクシルも、ようやくジョンテ両親に認められてよかった。

ミジンも最後の最後でいいところみせてくれたね。
ずっと苦労続きだったスニョンの人生が少し穏やかになるのかな。

それにしてもジョンフンいい人すぎるな。
スニョンには結構ひどいこと言ってきたのに、最後までミジンには優しかった。

ちょっとそれが納得できないけど無事に終わったからよしとしよう。(笑)


スポンサーリンク


【波よ、波よ-全話一覧】
波よ、波よ-あらすじ全話一覧はこちら




【おすすめ!BS放送中・予定韓国ドラマ】
・WOWOW 10/30〜
私の男の秘密-あらすじ全話一覧はこちら

・Dlife 11/22〜
家族なのにどうして?-あらすじ全話一覧はこちら

・BS日テレ 11/23〜
花を咲かせろ!ダルスン-あらすじ全話一覧はこちら

【韓国ドラマおすすめランキング】
韓国ドラマおすすめランキング2016はこちら

韓国ドラマ視聴率ランキング2016はこちら

【韓国ドラマ-俳優女優データベース】
人気の俳優女優の詳細プロフィールはこちら

【今が熱い!HOTな韓国ドラマ】
その女の海-あらすじ全話一覧はこちら

恋する泥棒〜あなたのハート、盗みます〜-あらすじ全話一覧はこちら

明日もスンリ-あらすじ全話一覧はこちら

オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ全話一覧はこちら

偉大なる糟糠の妻-あらすじ全話一覧はこちら

あの空に太陽が-あらすじ全話一覧はこちら

青い鳥の家(青い鳥の輪舞)-あらすじ全話一覧はこちら

アイムソーリーカン・ナムグ(江南区)〜逆転人生〜-あらすじ全話一覧はこちら

posted by 韓国ドラマ資料室 at 09:58 | 波よ、波よ-あらすじ-全話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。