韓国ドラマ-帝王の娘 スベクヒャン-あらすじ-最終回まで感想あり-61話〜63話

スベクヒャン.png
元ガールズユニットM.I.L.Kのソ・ヒョンジン主演!

三国時代を舞台にした時代劇ドラマ!
異父姉妹たちが、帝王の娘「スベクヒャン」の座をめぐり、その生涯を描いたストーリー。

「帝王の娘 スベクヒャン」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しますよ〜!

スポンサーリンク


アニョハセヨ!!

韓国ドラマ大好きモンちゃんです★

今回は、「帝王の娘 スベクヒャン」(61話〜63話)のあらすじと、モンちゃんの感想を紹介していきます!
それでは、あらすじを一緒に見ていきましょう。

帝王の娘 スベクヒャンの相関図・キャスト情報はこちら

スポンサーリンク


■帝王の娘 スベクヒャン-あらすじ61話
チェファとクチョンを殺めた張本人が、チンムだと分かったソルラン。
ソルランは、さらに明確な証拠を見つけるために、チンムの屋敷を訪問する。

密かに屋敷の中を調べたソルランはピムンの紋章を見つけ、やはりチンムが疑わしいことを確認する。

そのことをミョンノンに告げたソルランだったが、ミョンノンは兄弟同然のチンムが犯人だとは信じられなかった。

一方、親しい友達だと思っていたソルランが、自分を調べていると分かり憤慨するチンム。
事件の発覚を恐れたチンムは当時の刺客を遠方へ逃がそうとするが、その動きを事前に察知したミョンノンは…。


■帝王の娘 スベクヒャン-あらすじ62話
スベクヒャンの侍女ナウンが、行方をくらましたことを知ったムリョン王。
ムリョン王はすぐにスベクヒャンを呼んでナウンの件を追及するが、新たな真相は分からないままだった。

その頃、チェファの侍女マックムの元を訪ねたスベクヒャン。
スベクヒャンはヘ・ネスクが自分を罠にはめようとしていると伝え、マックムを取り込み協力を得る。

一方、宮廷では困窮する民の訴えを審理する、行事が開催されていた。

その場に突如現れたマックムは、ペク・カはヘ・ネスクの策略によってトンソン王殺害の濡れ衣を着せられたとムリョン王ヘ証言する。


■帝王の娘 スベクヒャン-あらすじ63話
マックムは、トンソン王殺害の真相が公になることを恐れたへ・ネスクが、チェファまで殺めたと証言する。

かねてよりチェファ殺害の真相を追っていたミョンノン。
ミョンノンはその件に関与してそうな数名の刺客をスベクヒャンの前に引き合わせる。

一人ずつ確認したスベクヒャンは、その者たちがチェファを殺めたと証言する。
また、ソルランは刺客たちがチンムの部下であることを伝える。

驚いたムリョン王がチンムに事実を確認すると、チンムはようやくチェファの元へ刺客を送ったことを認める。


◎帝王の娘 スベクヒャン61話〜63話の感想◎
やっぱりクチョンが言ったとおりだったね…。
チンムを追及しても、最後まで罪を認めないと思っていたので意外だった!

そして、スベクヒャンがまた裏で画策してるー。
ナウンの件でただでさえ疑われているのに、マックムを唆してまたヘ・ネスクをハメようとして。

また裏目にでなきゃいいけど…。
このあたりが引き際だと思うけどなぁ〜。

用が済んだら、マックムを消したりしないよね…。


◎帝王の娘 スベクヒャン-次回のあらすじ◎
チェファの元へ、刺客を仕向けたチンムに憤るムリョン王。
ムリョン王は思わず、チンムに剣を振り下ろそうとして…

帝王の娘 スベクヒャンのあらすじ(64話〜66話)はこちら

スポンサーリンク


【帝王の娘 スベクヒャン-全話一覧】
帝王の娘 スベクヒャン-あらすじ全話一覧はこちら


【おすすめ!BS放送中・予定韓国ドラマ】
・TOKYO MX1 10/10〜
女の秘密-あらすじ全話一覧はこちら

・BS12 10/2〜
ルビーの指輪-あらすじ全話一覧はこちら

・BS11 9/4〜
いとしのクム・サウォル-あらすじ全話一覧はこちら

【韓国ドラマおすすめランキング】
韓国ドラマおすすめランキング2016はこちら

韓国ドラマ視聴率ランキング2016はこちら

【韓国ドラマ-俳優女優データベース】
人気の俳優女優の詳細プロフィールはこちら

【今が熱い!HOTな韓国ドラマ】
私の婿の女-あらすじ全話一覧はこちら

偉大なる糟糠の妻-あらすじ全話一覧はこちら

白夜姫(狎鴎亭白夜)-あらすじ全話一覧はこちら

魔女の城-あらすじ全話一覧はこちら

階伯(ケベク)-あらすじ全話一覧はこちら

愛人がいます-あらすじ全話一覧はこちら

ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜-あらすじ全話一覧はこちら

あなただけが私の愛-全話一覧はこちら

posted by 韓国ドラマ資料室 at 10:29 | 帝王の娘 スベクヒャン-あらすじ-全話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする